オシャレなヘルメットでハッピーにハーレーを乗りこなそう

バイクファンであれば、「一度でいいからハーレーに乗ってみたい」と強い憧れを抱く人も少なくないのではないでしょうか。でも、せっかく乗る機会があるのなら頭からつま先まですべてオシャレでそろえたいものですよね。

https://www.harley80bike80.net/

今回は、日本にいながらにして外国人気分を味わうことができるハーレーに乗るとき、手に取りたいオシャレなヘルメットを紹介します!

「どうせならハーレーでそろえたい!」という人は、もちろんハーレー純正のヘルメットを選びましょう。

まずはパイロット(Pilot)3-in-1 X04です。少々コストはかかってしまいますが、ハーレー好きなら欲しくなること間違いなしのこの近代的なフォルム!ハーフヘルメットベースですが、「3-in-1」というだけあり、ジェットタイプとしてもフルフェイスとしても使える、非常に便利かつエンターテインメント性抜群の商品となっています。気分によってスタイルが変えられるので、出かけるたびに新鮮で楽しい気持ちが味わえます。
たまの休日に行くツーリングが待ちきれなくなってしまいます。

次にレトロタンクストライプ(Retro Tank Stripe)B01 3/4です。ハーレーから発売されている商品のなかでも特におすすめなのが、このジェットタイプのヘルメット。黒基調のヘルメットの側面に引かれた青、白、赤のストライプ模様は1975年式のタンクグラフィックを彷彿とさせます。そして、なんといってもこのレトロタンクストライプ、日本では未発売ということで通販、もしくは現地で直接購入するしかないというハーレーファンにはたまらない代物です。人気のあまり、通販では売り切れていることがほとんど。これひとつ持っているだけで、ツーリング仲間たちから羨望の眼差しを向けられること間違いなしです。

なんでも形からと言いますが、ハーレーに似合うオシャレなヘルメットをかぶってのツーリングは最高。たまの休日ははっちゃけて、ハーレーと一緒にアメリカンな気分を味わいましょう。普段の疲れなんて吹っ飛んでしまいますよ!

ハーレーを運転時のアパレルは、革ジャンと革パンも本皮で揃えよう

ハーレーといえば、バイク乗りにとっては憧れのバイクです。ハーレーに乗る時はどのようなファッションがふさわしいのでしょうか?
大型バイクを運転する時のファッションの基本は、長袖、長ズボンです。
バイクは猛スピードで走るので、肌を露出するスタイルは禁じられています。走行時は風を切るので、薄着だと寒く感じることもあります。ファッション性だけでなく、防寒性や耐久性に優れたアパレルを選びましょう。

ハーレーを運転する際に向いている素材は、本皮になります。革ジャンと革パンで上下を揃えるのは、ハーレーでツーリングする時の定番のスタイルです。バイク乗りなら一度は挑戦してみたいスタイルといえます。アパレルを革ジャンと革パンにするのは、見た目の問題だけではありません。耐久性に優れている本皮を着用することで、風圧や衝撃から自分の体を守ります。ハーレー走行時の安全面という点でも本皮のアパレルは適しています。

ツーリングというのは、自然との戦いです。朝、家を出る時はお天気でも、走行中に天候が変わることもあります。本皮の革ジャンと革パンは、急な雨風も凌いでくれます。撥水加工をしているものを選べば水をはじいてくれるので、雨に濡れても快適な状態で走れます。また、保温効果もあるので、ハーレーで走っている最中も体を冷やしません。革ジャンと革パンは、通気性や機能性もチェックして選べば、オールシーズン着ることができます。

ハーレーを運転する時に着る服は、体にピッタリ合うものを選ぶことも大切です。革ジャンと革パンは体にフィットしていないと野暮ったくなってしまいます。ハーレーに合わせるのであれば、納得いくまで徹底的に試着をして自分の体に合うものを選びましょう。

皮のファッションアイテムは、きちんとお手入れをしていれば長持ちをします。濡れてしまったらすぐにふき取る、風通しの良い場所に保管をすることが大切です。ハーレー用の革ジャンと革パンは丁寧に扱って、ツーリングの時はカッコ良く着こなせるようにしましょう。